パーコール法

ポイント20倍 送料無料ロート ドゥーテストLha 12回分 排卵日予測検査薬

妊娠したい人にとって、排卵検査薬を使いこなすことは妊娠の近道になります。

日本での高度な女の子の産み分け方法として、パーコール法(人工受精)があります。
精子をパーコールという液に入れ、遠心分離機にかけ、X精子とY精子を分離させます。
重たいX精子は下に沈み、軽いY精子は上に浮かびます。
層が多い方が精度が高くなります。
※9層~12層が一般的なようです。

パーコール法の問題点

1. 費用が高い

パーコールは不妊治療ではないため、保険が効きません。
※不妊治療による人工受精の場合、自治体によっては助成金が出ることもあります。

1回のパーコールで、超音波検査や薬代等含め、大体「3万~4万」ぐらいと言われています。
※病院によって、値段はまちまちのようです。
1回で無事に授かればいいのですが、うまく行くとは限りません。
回数を重ねるごとに経済的な負担も大きくなり、続けることが難しくなっていきます。

2. パーコールを実施している病院が少ない

HP等で積極的に「パーコール実施します」という病院はあまりないようです。
電話等でSS研究会(SexSelection 産み分けに理解のある医師の研究会)に参加している病院を中心に問い合わせをしたり、 インターネット等の口コミ情報等で情報を得るしかありません。

ただ、SS研究会に参加していても、パーコールを実施していない病院もあるようです。
実際、産み分けで有名な杉山産婦人科でも現在、パーコール法は実施していないようです。

3. 女の子の産み分け成功率に疑問点が残る

いろいろな産み分けの本などを見ると、パーコール法は「女の子の成功率は90%」と言われています。
ただ、一方で日本産婦人科学会は「パーコール法により、X精子とY精子を分離出来る科学的な根拠がない」としています。

実際、パーコール法で男の子を授かった方も少なくないようです。

パーコール法はお金もかかり、産み分けの成功率も100%ではありません。
女の子が欲しいという気持ちが強ければ強いほど、パーコール法に魅力を感じるかもしれません。
ただ、やはり、女の子の産み分け成功率が100%ではない以上、「希望はあるけれど、最終的にはどちらの性でもよい」という気持ちがなければ、 チャレンジしてはいけないと思いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。