グリーンゼリーとピンクゼリー

ポイント20倍 送料無料ロート ドゥーテストLha 12回分 排卵日予測検査薬

妊娠したい人にとって、排卵検査薬を使いこなすことは妊娠の近道になります。

膣内環境のpHによって、Y精子(男の子)、X精子(女の子)の運動能力に影響が生じるので、pHのコントロールは産み分けする場合、非常に重要なポイントになってきます。

膣内環境のpHをコントロールできるグリーンゼリー(男の子)とピンクゼリー(女の子)

男の子の産み分けをしたい場合は排卵日当日にTRYすることでY精子が有利となり、女の子の産み分けをしたい場合は排卵日2~3日前にTRYすることでX精子が有利となり、産み分けできる確率が高くなると考えられます。

ただ、女性が性的刺激を受けることによって、子宮頚管からアルカリ性の粘液が出て膣内環境が変化するなど、望み通りにコントロールできるわけではありません。
そこで、産み分け方法の1つとして、グリーンゼリー(男の子)、ピンクゼリー(女の子)を使用した膣内環境pHのコントロールが提案されています。

実は、2人目のときは、女の子の産み分けをしたいと考えたことがあり、一度だけピンクゼリーを購入して使用しました。しかし、一回だけ使用してやめてしまいました。

私がピンクゼリー使用をやめてしまった理由

ピンクゼリーを使用してまで、女の子を欲しいという気持ちがなかったため。

1. 使用する手間が結構かかる
2. 手間がかかるため、その間に性的な気持ちが弱まってしまう。
※その後、旦那の気持ちを持ち直すのが大変でした(苦笑)
3. 安全性は保証されているとは言うものの、もし赤ちゃんに何かあったらゼリーを使用していたことに後悔しそうだったので。
※今、産み分けゼリーが色々と販売されています。
私が使用したものは、産み分けの第一人者である杉山産婦人科のもので、実績もあるのでこちらを選びました。
4. ピンクゼリーを使用してまで、女の子を欲しいという気持ちがなかったため。

なお、ピンクゼリーの入手経路ですが、私はネット通販で購入しました。
杉山レディスクリニックです。産み分けの本を出されていて有名ですね。
当時は金額は登録料、送料等含め16700円でした。
結構なお値段です。グリーンゼリーも同様です。
ゼリーは1本につき5回使用でき、2年以内に使用してくださいとのことです。

以下、ゼリーの使用方法について記述しておきます。

グリーンゼリーピンクゼリーの使い方

1. ゼリーを容器ごと温めて溶かします(ゼリーは常温で固形です)。
※説明書にはお風呂ぐらいの温度(45℃)とありましたが、なかなか溶けませんでした。
よって少し高めの温度で溶かしました。
2. 人肌で触れるぐらいの温度になったら注入します
※熱めで溶かしたので、やけどしないよう気を付けたほうがいいです。
3. 注入後、5分ほど腰を高くして待ちます。
子作りTRY後のお勧めの時のような姿勢です。
4. 子作りTRY!!

効果ですが、ゼリーを使用し、かつ、子作りTRYのタイミングもうまく行けば、産み分けに成功する確率が7割程度という話です。
しかし、いずれにしても、100%希望通りの性別の子供を授かるという訳ではありません。

ゼリーを使う場合、どうしても旦那様の協力が不可欠ですし、金銭的な面でも負担が大きいです。
使用するかどうか、夫婦でしっかりと話合う必要があると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。