排卵日とおりもの

スポンサードリンク

排卵付近になると、不快になるほどおりものが増えます。
このおりもので排卵日が特定できれば、どんなに経済的か。
そう考える方、沢山いると思います。

排卵日を知る方法は4つ

排卵日を知るには、一般的に以下の方法があると言われています。
1.基礎体温
2.排卵検査薬
3.おりもの
4.排卵痛

私の場合、基礎体温だけで排卵日の予測をするのは難しかったため、(詳細は妊娠したい人の基礎体温にある私の基礎体温表を参照)基礎体温で大まかな状況を確認しつつ、最終的には排卵検査薬を使用して排卵日の予測をしました。

おりものに関してはあまり意識をしていなかったのですが、もしおりもので排卵日の特定が出来るならいいなと思いおりものをチェックすることにしました。

おりものと排卵日の関係

おりものに関してですが、
いつもは酸性に保たれている腟内が、排卵近くになると、おりものは子宮頸管からの粘液が増え、アルカリ性(精子が進入しやすい環境)になります。
おりものの状態で言いますと、
・生理直後⇒おりものが少ない 粘り気なし
・排卵日付近⇒おりものが多くなっていく 粘り気が出てくる。排卵日には「10センチ」ぐらいまで伸びる
・排卵後⇒おりものがすくない。生理付近になるとまた少し多くなっていく。粘り気なし

なお、おりもののチェック方法は「指を膣の奥まで入れて粘液を取り出す」のが一般的ですが、 私は抵抗があったのでトイレに行った時にティッシュについたおりものをチェックしていました。

妊娠した時の排卵日とおりものの記録

以下、妊娠した時のおりものの観察結果を記載しておきます。
結果から先に言いますと、おりものだけでの排卵日の特定は非常に難しいと思いました。
排卵日の特定には、やはり、排卵日検査薬が最も有効だと改めて実感しました。

妊娠した時の排卵日とおりもの
[生理開始8日目]

生理が終了

[生理開始11日目]

黄色のおりものが出始める。

[生理開始12日目]

昨日と同様のおりもの

[生理開始13日目]

おりものが増える
おりもの判定→〇

[生理開始14日目]

おりものさらに増え伸びる。色は白。
おりもの判定→〇

[生理開始15日目]

おりものさらに伸びる。色は白。量は昨日より少なめ。
おりもの判定→〇
TRY日

[生理開始16日目(排卵日2日前)]

子作りTRYした次の日のため、おりものか精子なのか判定できず。
排卵検査薬の判定→〇
TRY日

[生理開始17日目(排卵日1日前)]

子作りTRYした次の日のため、おりものか精子なのか判定できず。
排卵検査薬の判定→〇

[生理開始18日目(排卵日)]

子作りTRYした次の日のため、おりものか精子なのか判定できず。

もしおりものの観察のみだと妊娠の確率はすごく低かったのかなと思います。
14日目でおりものが増えてさらに伸びたので、旦那に「今日は頑張る日だよ」と日中にメール報告していました。
しかし、夜の排卵日検査薬では陰性。旦那は仕事で忙しく帰宅時間も遅かったので「排卵検査薬を信じよう」ということで子作りTRYはせず。

15日目はおりものがさらに伸びティッシュで拭きとるとおりものがビヨーンと10センチ以上伸びました。
絶対に排卵日検査薬も陽性になると思ったものの線は出たけれど結果的に陰性。。

おりもの観察だと14日目、15日目が子作りTRY日になります。
しかし排卵検査薬は16日目、17日目が子作りTRY日になります。
そして実際の排卵日は18日目。
もし、おりもののみで子作りTRYした場合、精子の寿命は2~3日で子作りTRY日から4日後が排卵日となり妊娠していなかった可能性もあるのかなと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。