排卵したことの確認

スポンサードリンク

私ってちゃんと排卵しているんだろうか??
妊娠したい人なら誰でも気になります。
ちなみに正常に排卵しているかどうかは病院で内診すれば分かります。
(※私は不正出血で産婦人科に行った際、妊娠したいと伝えたらその月は左から排卵していることをたまたま教えてもらいました。)

排卵したことの確認方法

排卵したことの確認は基礎体温で分かります。

ポイントは以下の2つです。

・高温期(低温期との差が0.3℃以上あればOK)があること
・高温期が「2週間前後」続いていること

上のグラフですと高温期が2週間続いていますので、高温期になる前に排卵があったことが確認できます。

※排卵があることの確認で卵管が詰まっていないことの確認等はやはり病院でなければ分かりません。

毎朝の測定は面倒だけど、やっぱり基礎体温は大切

排卵のズレもなく、綺麗なグラフを描くことが出来る人なら、基礎体温でガクっと下がる排卵日当日は基礎体温のみで特定出来ると思います。
しかし、排卵日2日前・排卵日1日前の特定は排卵検査薬に頼るしかありません。
それなら、基礎体温はいらないのでは?と思う人も多いと思います。
「ずっと測定していてストレスになるから、測定するのをやめた」という理由なら仕方がないです。
ストレスは妊娠に大敵なので。
基礎体温を毎朝測定することにストレスを感じないのであれば、やはり上記のように排卵したことを確認できたり、ホルモン異常も基礎体温から読み取ることが出来ます。
不妊治療のために通院することは、また心身ともに大きな負担になります。
自宅で出来ることは限られてしまいますが、自分の身体を知る上で、やっぱり基礎体温は色々なことを教えてくれます。

毎朝、基礎体温を測定することは本音を言うと面倒ですが、測ってみることをお勧めします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。