男の子は排卵日 女の子は排卵2日前

ポイント20倍 送料無料ロート ドゥーテストLha 12回分 排卵日予測検査薬

妊娠したい人にとって、排卵検査薬を使いこなすことは妊娠の近道になります。

産み分けをするには、X精子(女の子)・Y精子(男の子)の特徴を活かすことがとても重要なポイントになってきます。
以下、X精子・Y精子の特徴から何時にTRYすべきかまとめてみました。
このページを読めば、一般的によく言われている
・男の子は排卵日当日
・女の子は排卵日2~3日前
の意味が理解出来ると思います。

女の子の産み分け X精子「寿命」の特性を生かす

X精子の寿命は平均2~3日と言われています。
一方、Y精子の寿命は卵子と同じぐらいでほぼ1日となります。

よって、排卵日2~3日前にTRYした場合、排卵日当日頃はY精子は死滅しているので、卵子と受精出来るのはX精子という計算になります。

男の子の産み分け Y精子「運動能力」の特性を生かす

X精子とY精子ではY精子の方が運動能力が高く、卵子に到着するスピードが速くなります。

よって、排卵日当日にTRYするとY精子が卵子にいち早く到着して受精出来るということになります。

男の子・女の子の産み分け Y精子・X精子「膣環境のpH」の特性を生かす

排卵日2~3日前は膣内pHは酸性に保たれているので、酸性に強いX精子が有利となり、酸性に弱いY精子は不利となります。
また、上記「●女の子の産み分け X精子「寿命」の特性を生かす」でも記載しましたが、寿命はX精子の方が長いため、排卵日2~3日前にTRYすると、X精子が卵子と受精する確率が高くなります。

一方、排卵日付近になると、膣内pHが中性に近づき、酸性に弱いというY精子の不利な条件がなくなります。
従って、上記「男の子の産み分け Y精子「運動能力」の特性を生かす」で記載したように、運動能力が高いY精子の方が有利となります、
さらに、Y精子のほうが数が多いということもあり、排卵日当日にTRYすると、Y精子が卵子と受精する確率が高くなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。