不妊様について

スポンサードリンク

妊娠したいと思っている人は、不妊様という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。
人を馬鹿にしたような感じで、皮肉を交えて使われます。
不妊様とは

・八つ当たりばかりする悲劇のヒロインのような人
・不妊という辛い状況にあぐらをかいて、非常識な行動をとる人

のことを言っています。

妊娠待ちの生活が長くなると、どうしても焦ったり人と比べたりして凹んだり、時には人の妊娠を喜べず真っ黒な心の自分にショックを受ける方も多いと思います。
そんな時、もしかして私は不妊様?と悩むこともあるかもしれません。

以下、不妊様になることがありそうな状況を書き出しました。
全て、私が経験したことです。

1. 他人の妊娠・出産を素直に喜べず、周りに当たり散らす

基礎体温もバラバラで、妊娠する気配もない時に限って周囲は妊娠ラッシュ。
こんな時、恨んだり妬んだりして、そんな真っ黒な自分にまた涙して。。。
どうしようもない悪循環に陥ります。

私の行動 ・心は真っ黒で、顔は引きつっていても「おめでとう」の一言が言える。
・1人の時に耐え切れず泣いてしまう。
・メールで報告されたら、「おめでとう」と返信する。
不妊様 ・「不妊の私に妊娠報告をしてくるなんて非常識だ!!」と非難する。
・妊娠報告に対して、返信しない。既読スルーをする。

私はこの黒い感情は当たり前のことだと思いますし、逆に、心から喜べる人がいるのか気になるところです。
ただし、妊娠・出産された方を批判したら、それは不妊様になってしまいますので、ご注意ください。

2. 子持ち・妊婦さんと会いたくないから断る
これは痛いほどわかります。
私も初孫フィーバーしている義両親、そして義兄の甥っ子くんに会うのが辛かったです。

私の行動 会いたくないので、理由を作って会う機会を減らす。
本当は全て断りたいと思うが、なかなか実行できないでいる。
不妊様 疎遠にしておいて、必要な時にだけ自分から連絡をする。

この場合は不妊様との線引きが非常に難しく感じます。
私もあちこちで書いていますが、ストレスは妊娠に大敵だと思っています。
無理のないお付き合いが大切なのかなと。
だから、会う回数を減らすことはOKだと思います。
本当にどうしようもなくつらい場合は、少しの間だけ疎遠になってしまってもOKなのかなと。
ただ、勝手に疎遠にしておいて自分の都合のいい時だけ連絡してくるのは、不妊様に当てはまりそうです。

3. 「早く妊娠した方がいいよ~」とアドバイスをしてきた相手を攻撃する

まだ欲しくないと思われていたのか「妊娠するのは早い方がいいよ」とアドバイスをされたことがあります。
誰にも、子供が欲しいと言っていなかったので、もしかして「子供はまだ先でいい」といった印象があったのかもしれません。

私の行動 「そうね~。妊娠出産は早い方がいいよね~」「なかなか頑張っているけどね」と意見を肯定して話題を変える。
不妊様 「あなたに何がわかるの(怒)」「浅はかな知識での助言はやめてよ!!」と相手を攻撃する。

「妊娠したい」と思えば妊娠出来ると思っている方が多いのが現状なのかもしれません。
また、妊娠できなくてもあまり気にしないで、「今、頑張っているよ」と普通に言っている人もいます。
ただ、私の場合は、その時は「そうだよね~」と言って話題を変えました。実際の気持ちは不妊様で記述した内容そのものでした。

悪意のないアドバイスではあるので、感情を表に出したら不妊様になってしまうのだと思います。

どうでしょうか?
多くの方は、あまり気持ちを表に出さないため、不妊様には当てはまらないと思います。

ただ、私の中で不妊様の該当者が1人だけいました。
彼女とのお付き合いは2週間程でギブアップしました。
彼女は長期にわたって治療していて、見事に不妊様の行動を取っていました。

その後、彼女は妊娠・出産して1児の母になられたそうですが、
噂では、妊婦様としての活動後、現在は立派な保護者様(モンスターペアレント)として先生方を攻撃しているとのこと。
いろいろな方との出会いがありますが、該当者はたった1人だけでした。

よく、「赤ちゃんはママを選んでくる。だから、他人を恨んだり妬んだりしている人のところには赤ちゃんはやってこない」などの記述を見かけます。
そんな趣旨の絵本も見かけますよね。
妊娠したいのになかなか授からない人は、この言葉をみるとさらに落ち込む人もいるのでは??と心配しています。
ただ、赤ちゃんとの縁はそんなものではないと思います!!
だから、真っ黒な感情を持ったとしても自分を責めないでください。
それだけ、本気で赤ちゃんが欲しいと思っている証拠なのですから。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。