子宝草の育て方

スポンサードリンク

子宝草の育て方を記載しました。
ポイントは、「温度管理と水やり」です。
春~秋まで、よく成長し子株をつけます。
私のような初心者でも簡単に育てることが出来ます。

子宝草の育て方

1. 用意するもの

・植木鉢
・腐葉土
100均やホームセンター等で売っています。
※冬越し出来ないため、地植えは不向きです。また、肥料はほとんどあげていません。

2. 置き場所(環境)

妊娠したい人にとって冷えは大敵ですが、子宝草も同様でとにかく寒さに弱いです。
そして、日光をとても良く好みます!!
以下に、私の子宝草の置き場所を月ごとに記載しました。

・3月~4月・・・室内にて管理
朝晩はまだ冷えるため、室内で管理する。日中は日当たりの良い場所へ(室外でもOK)。

・5月~6月・・・外にて管理
よく日が当たる場所へ。

・7月~9月・・・外にて管理
葉やけをしてしまうため、半日陰へ。

・10月・11月・・・・室内にて管理
日中天気がいい時は日当たりのよい窓際へ。夜は冷えるので、室内の暖かい場所へ。

・12月~2月・・・・室内にて管理
子宝草は、妊娠を望んでいる人と同様で寒さに非常に弱いです。外には出しません。

3. 水やり

葉っぱにかからないように、土に注ぐよう水やりをする。

・3月~9月・・・土が乾いたらたっぷりと水やりをする。
・10月~2月・・・根腐れ防止のため、乾燥気味で育てる。水やりは週1回ペースで。 真冬は週1回も水やりをする必要はありません。

4. 病気・害虫

今まで、害虫がついているところを見たことがありません。
とにかく強いと思います。
温度管理・水やりに注意すれば、病気の心配もありません!!
とにかく日当たりがいいと良く育ちます。

5. 子株の増殖時期

妊娠したい人にとって、子株が出てくるのはとても待ち遠しいと思います。
子株が出てくる時期ですが、暖かくなる4月以降です。
大体、4月から10月頃まで、育てきれないほどの沢山の子株が出てきます。
子株は土に置いておくと発根し、成長して大きくなると、そこからさらに子株ができます。

子宝草の繁殖力に、きっと勇気づけられると思います!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。