間違っていませんか?葉酸選び

lineclover

  1. 間違っていませんか?葉酸選び

葉酸サプリ

妊娠したい人、妊娠初期の方は神経管閉鎖障害のリスクを低減するために、葉酸を積極的に摂取しなければならないことは、あちこちで言われているのでご存じの方も多いかと思います。
今は目移りするほどの沢山の種類の葉酸があり、どれが一番なのか分からなくなる方も多いと思います。
私も何が一番安心・安全で良い物かわかりませんでした。
赤ちゃんの形成に一番大切な時期に摂取しなければならないため、徹底的に調べました。
「ぜひ目を通して考えていただきたい」 そんなページです。

葉酸不足による先天異常「神経管閉鎖障害」とは

神経管閉鎖障害は脳や脊髄などの中枢神経系のもと(神経管)が作られる妊娠の4~5週ごろからおこる先天異常のことを言います。
※妊娠4~5週と言ったら、妊娠検査薬で陽性反応が出るころです。
神経管閉鎖障害は主に無脳症・二分脊椎があります。
無脳症と判った段階で、妊娠継続を諦めることになったり、二分脊椎は合併症(水頭症など)を併発する場合もあります。
とても難しい障がいで、2007年の患児発生は約400名と推測されています。
外国では、葉酸の摂取のおかげで患児発生数は減ってきていますが、日本では葉酸に対しての認識がまだまだ低いため、発生数が減らない現状があります。

葉酸の摂取時期

母子手帳に記載されている葉酸

葉酸の摂取時期は「妊娠前から妊娠3ヵ月(妊娠12週)」です。
ちなみに、母子手帳に葉酸情報が掲載されていますが、母子手帳を貰う妊娠6週~8週ぐらいでは遅いのです!

私も「妊娠もしていないのに、妊娠後のことなんて考える余裕はない!!」と思っていました。
ただ、妊娠が判った時点(妊娠4週~)で細胞増殖がすでに始まっています。
いつ妊娠するか分からないので、私は毎日コツコツ葉酸を摂取していました。

葉酸の性質

葉酸は普段の生活ではしっかり摂取するのが難しい性質があります。

●葉酸の性質
水溶性ビタミンのため、水に溶けてしまう。食材を洗う時に葉酸が減少してしまう。
熱に弱い。食材を加熱する時に葉酸が減少してしまう。
体内の吸収率が悪く、50%程度しか体内に吸収されない。

例えば、葉酸が多く含まれているほうれん草2束を調理してお浸しを作ろうとすると、最終的に体内に吸収される量は1束分にも満たない葉酸量になってしまいます。

ほうれん草と葉酸

厚生労働省が推奨する葉酸サプリの摂取量

このように、普段の食事から葉酸を摂取するのはなかなか難しいため、厚生労働省は2000年から「妊娠を計画する女性は食事に加え、栄養補助食品から1日400μgの摂取」を発表しています。

●厚生労働省が推奨する葉酸サプリの摂取量
妊娠前(妊娠待ちの時) 妊娠中(妊娠3ヵ月) 妊娠中(妊娠4ヵ月以降)
400μg 480μg
※ここが大切!!
葉酸サプリの摂取の必要なし

葉酸は天然葉酸と合成葉酸の2種類

妊娠したい女性は葉酸が必須アイテムとなっていますので、目移りするほど葉酸の種類も豊富にあります。
葉酸は大きく分けて天然葉酸と合成葉酸の2種類になります。

●天然葉酸と合成葉酸の比較
比較内容 天然葉酸 合成葉酸 詳細
体内吸収率 低い(50%の吸収率) 高い(80%の吸収率) 合成葉酸の方が体内吸収率は高くなっています。
厚生労働省は吸収率の良さから合成葉酸を推奨しています。
過剰摂取 可能性はとても低い 気をつける必要がある 1日の葉酸摂取量の上限は1000μgとされています。
母親→
発熱・蕁麻疹・紅 斑・かゆみ・呼吸障害などの葉酸過敏症
ビタミン B12 欠乏症の 診断を困難にする
亜鉛と複合体を形成して小腸からの亜鉛の吸収を抑制する

胎児→
赤ちゃんの喘息の確率が高くなる
体内吸収率の高い人工葉酸は、過剰摂取にならないよう気をつける必要があります。
体への影響 なし 可能性は否定できない 天然葉酸の有害影響はないが、合成葉酸で以下の報告があります。
1)ビタミンB12 欠乏症(悪性貧血)マスキング
2) 神経毒性作用
3) 亜鉛吸収への影響
4) 発がん性
5)薬物間相互作用及び6)過敏症

詳細は厚生労働省(3)ヒトにおける知見にて

天然葉酸と合成葉酸ではそれぞれにメリットデメリットがあります。
吸収率では合成葉酸が圧倒的に有利ですが、身体への影響では合成葉酸は100%安心・安全とは言えない懸念材料があります。

どんな葉酸でも添加物が入っています!!!!

赤ちゃんの形成にとても大切な時期で葉酸を摂取するから、葉酸は100%安心・安全なものを選ばないといけません。
誰もが、健康で無事な赤ちゃんを望んでいると思います。
その葉酸が元で赤ちゃんに何か影響があっては本末転倒です!!


安心安全な葉酸を考えると、真っ先に思いつくのが天然・無添加と言われている商品です。
商品説明では「添加物なし・自然の由来のものから作られている」と、体に害はないように受け取ってしまいますが、

実は、どんな葉酸でも添加物が入っています!!!!

安心安全な葉酸を選ぼう!!

赤ちゃんの形成に大切な時期で葉酸を摂取するわけですから、広告に誇大な表現や虚偽?がある商品は選択肢から外しました。
消去法で残ったのが、ヤマノの葉酸サプリ (マカでも愛用)です。

以下、私の葉酸選びの基準を明記しています。

◎広告に誇大な表現や虚偽がないこと

特に最近ではいろいろな「葉酸サプリ」が流通していて、どの会社も自社商品の見せ方がとても上手です。
どの葉酸も素晴らしく見え、目移りしてしまいます。
しかし、成分一覧表を見てみると、聞きなれない成分(添加物・人工物)がしっかりと入っています!!!!
大々的に「無添加」と書いてありますが、、、どう見ても無添加・自然由来とは考えられなくなります。
オーガニックを全面に押し出していても、問題になっているトランス脂肪酸が含まれる食用精製加工油脂(硬化油)が使われていたり・・・。
※トランス脂肪酸は2018年6月からアメリカでは使用禁止になります!!詳細は⇒農林水産省 トランス脂肪酸について国際的に行われている取り組みにて

また、葉酸サプリで早く授かりたい等の記載もありますが、葉酸と不妊は関係ないです!!
葉酸は赤ちゃんのために摂取するものです!!
決してランキング1位や素晴らしいキャッチフレーズに惑わされないよう注意したいものです。

そんな中でもヤマノは「正しい情報」を掲載していると思います。
◎安心安全なものが配合されていること

ヤマノ葉酸サプリの成分
ヤマノは全ての原材料をしっかり明記されています。
他社の葉酸サプリが手元にある方はぜひ原材料を見てください。
ヤマノの原材料 目的 安全性について
食物繊維(難消化性デキストリン) 便秘解消 トウモロコシから抽出した食物繊維
天然由来で特定保健用食品として認可されている
乳酸菌 便秘解消
腸内環境を整えて栄養素を吸収しやすくする
コンビ会社(大手ベビー用品)が開発したEFパワーを使用
一日4粒の葉酸で飲むヨーグルト3リットル分の乳酸菌を摂取
亜鉛含有酵母 赤ちゃんの細胞分裂に必要な栄養素
カルシウム吸収の手助け
レモン皮エキス(葉酸含有) 赤ちゃんの細胞分裂に必要な栄養素 天然レモンから葉酸を抽出
卵殻Ca 赤ちゃん発育のため キューピーの卵殻カルシウムを使用
※1 胎児が優先的に摂取するため、貧血になりやすい。
貧血になると、出産時にいろいろなリスクが起きやすくなる。
非イオン型の鉄分を使用
吸収率がいい。胃粘膜刺激作用が少ない。
香料(パインフレーバー)
※1
鉄の味を香料で飲みやすくするため 食品衛生法で適合されていて、安全性が高い。
VB6・VB12
※2
葉酸の働きを高める
悪阻軽減
安全性を担保された規格書があるVB6、VB12を使用
(※1)香料と鉄について
最近、食事から鉄分を摂取するのが難しくなってきています。
●鉄分の王様「ひじき」の鉄分量(100gあたり)
以前 現在 コメント
55mg 6.2mg 製造方法が「鉄釜ではなくステンレス釜」が主流になり、昔に比べて鉄分は1/9に減少!!
鉄分は上記の通り、食事からの摂取が難しくなりサプリからの摂取が重要になってくる訳です。
鉄の味が苦手な方が多いと思います。
私も他社の葉酸を摂取したことがありますが、「鉄の味が口の中全体に広がり、葉酸を毎日摂取するのが苦痛」になります。
それに比べて、ヤマノの葉酸はパイン香料があるためとても飲みやすいです。
香料は添加物なので気になりますが、安全性も高いものを使用されていています。
私はパイン香料がないと葉酸を飲み続けることは不可能でした!!

(※2)B6
悪阻軽減とありますが、私は悪阻が酷かったのでこれは気休めだと思います。
ここは期待しない方がいいです!!


ヤマノの葉酸では、含まれている全ての成分を個々に説明して安心・安全であることが詳細に説明されていました。
そして、どの成分も赤ちゃん、ママになる予定の方のために配合されているものです。
他社の葉酸はお得感満載な美容等に良いとされたの成分も含まれていますが、それらも安心安全?と証明していないように見えました。

目的は「無事に健康な赤ちゃんを授かる」ために葉酸サプリを摂取します。
よって、私からすると余分な成分が入っていないヤマノはシンプルで信用できると思いました。
◎天然葉酸であること

ここは悩むところです。
※ヤマノ葉酸も以前は合成葉酸でした。
合成葉酸でもほとんどの方に影響はないと思いますが、上で天然葉酸と合成葉酸の比較でも記載したように、体への影響が全くないとは言い切れません。
吸収率は50%と低いですが、食事で賄えますので、天然葉酸を選びました。
◎凝固剤の不使用

ヤマノの錠剤は凝固剤は使用していません。

詳しくは⇒ヤマノの凝固剤不使用 にて
◎葉酸サプリの販売実績がある

最近は妊娠前からの葉酸サプリの摂取が認識されつつあるので、新規で参入する企業も増えました。
しかし、ヤマノのように11年もの間、葉酸サプリを販売されている会社はなかなかないように感じます。
実績があるという安心感もありました。
◎いろいろな雑誌にも紹介されている


赤ちゃんが欲しい2016年春号 でヤマノのマカと葉酸サプリが掲載されていました。
◎定期便でいつでも解約できる

毎月届く定期便が一番お得です。
他社では○ヵ月は解約できません!!という定期便もありますが、ヤマノの定期便はいつでも解約できます。
※定期便で継続の縛りがある場合、解約の条件が非常に複雑でトラブルに至るケースが多々あるようです。
詳細は⇒インターネット通信 定期購入について

解約方法も注意が必要です。
申し込みはネットから出来るのに、解約は電話受付のみだったりします。。。
ヤマノはwebで注文すれば、マイページから24時間いつでも解約可能なので、上記のようなトラブルは発生しにくいと思います。

葉酸サプリのデメリット

どの会社も高いです。
その中でもヤマノは安い方です。

妊娠したい人はマカと合わせて摂取したい方も多いと思います。
マカで妊娠の確率が上がり、葉酸で健康な赤ちゃんを出産できる確率が上がると思えば安い?のかもしれません。

新規参入も増え、価格競争も激しくなっていくと思いますので、今後はお値段も下がってくることを期待したいです。




●葉酸
アイテム お勧め度 評論 画像
葉酸サプリ ★★★ 鉄分を含んだ葉酸はとても飲みにくいですが、 市販のも含め、いろいろ試した結果、ヤマノの葉酸サプリが一番飲みやすいです。
葉酸サプリが一般的でなかった11年前から販売している老舗の葉酸サプリです。
成分もとことんこだわって実績もありますので、安心して摂取することができます。




●閲覧数の多いページ
1.
     排卵計算レコメンド   
   
月1回しかない排卵日。妊娠したい人にとって絶対に逃したくないですよね。。。・・・・
続きは排卵日の計算と予測にて
2. 排卵計算レコメンド 排卵後の基礎体温の測定はとてもドキドキするものです。特に高温期後半戦は、毎朝の体温の測定結果に一喜一憂します・・・・
続きは妊娠した時の基礎体温の特徴にて
3. 排卵検査薬レコメンド 私のように排卵日が毎月数日ズレる人にのとって、排卵日の特定には排卵検査薬が非常に役立ちます。・・・・
続きは排卵検査薬(LH)による排卵日の特定にて
4. マカレコメンド 妊娠したいで検索していくとマカというサプリメントが有名なことを知りました。・・・・
続きはマカで妊娠にて
5. 妊娠検査薬 フライングの心得レコメンド 高温期後半戦は妊娠しているか気になって仕方がなく、妊娠検査薬のフライングしてしまう気持ちは本当に痛い程よくわかります。・・・・
続きは妊娠検査薬 フライングの心得にて

NEXT>>年齢別にみる妊娠の確率