布ナプキン

lineclover

  1. 布ナプキン

布ナプキン 布ナプキン 布ナプキン アルカリウォッシュ

布ナプキンですが、みなさんも一度は聞いたことがあると思います。
「妊娠したい人にとって、とても良い」と評価も高いけれど、なんとなく「漏れそう」「手入れが大変そう」とマイナス面も大きく、躊躇している方が多いのではないかと思います。
実際、私もその一人でした。
「めんどくさがり屋な私には無理だ」と思っていたのですが、妊娠された方々からの体験談で「布ナプキンはすごく良い」と勧められたので、思い切って使ってみることにしました。

まずは、布ナプキンについて、いつも使用している紙ナプキンと比較してみました。

●布ナプキンと紙ナプキンの比較
比較内容 布ナプキン 紙ナプキン 詳細
費用 安い 高い 布ナプキンは最初に費用がかさみますが、布ナプキンの耐久年数5年間で考えると、断然、布ナプキンの方が安く済みます。
詳しくは⇒ 【比較】ナプキンにかかる費用にて 
温かさ 温かい 冷えピタのような感じ 触ってみると実感できます!!
詳しくは⇒子宮が冷えにくいにて 
生理痛・排卵痛 軽くなる 痛みを促進する? 排卵痛・生理痛が軽くなると言われています。
詳しくは⇒生理痛/排卵痛が軽くなるにて 
臭い あまり気にならない 臭いが発生しやすい 通気性に優れているため、臭いが軽減されます。
詳しくは⇒臭いが気にならなくなるにて 
蒸れ・かぶれ 蒸れ・かぶれにくい 蒸れ・かぶれやすい 通気性、肌触りがよく、蒸れ・かぶれにくいです。
詳しくは⇒蒸れない・かぶれにくいにて 
漏れ 心配 高吸収ポリマーがしっかり経血を吸収 紙ナプキンの方が吸収性は高い。
詳しくは⇒漏れないか心配にて 
厚み 厚い 薄い どうしても厚みがあります
詳しくは⇒モコモコするにて 
洗濯 必要あり 必要なし 布ナプキンはゴミがでなくて良いのですが、洗濯が一番のネックです。
詳しくは⇒洗濯が面倒くさいにて 

以下、布ナプキンについての詳細を記載しました。
きっと布ナプキンを使ってみたいと感じると思います!!

子宮が冷えにくい。 
布ナプキンを触ってみてまず最初に思ったのが「温かい」です。
肌触りもよく、「布ナプキンは冷えない」という理由がよく分かりました。

市販の紙ナプキンには冷えピタと同じ成分(高分子吸収体 ポリマー)が含まれています。
水分を吸収して閉じ込めるポリマーが入っているため、経血を吸収すると冷たく感じると思います。
このことから、子宮の冷えにつながり、子宮の機能が低下して妊娠しにくくなると推測されます。

市販の紙ナプキンが、子宮の冷えにつながり、妊娠しにくくなるという科学的根拠は見つかりませんでしたが、冷えは妊娠に大敵ですので気にはなるところです。
私が使用した感想としては、確かに「温かい」!!と感じました。


生理痛/排卵痛が軽くなる
布ナプキンを使用すると生理痛・排卵痛が軽くなると言われています。
「①子宮が冷えにくい」にもあったように、子宮が冷えて機能が低下することから生理痛・排卵痛につながると推測されます。
また、市販の紙ナプキンはポリエチレンやポリエステル等の石油素材からできているため、これらの化学物質を子宮が吸収し(経皮毒)、化学物質を異物と考え、痛みを増すが原因とも言われていますが、科学的根拠はみつかりませんでした。
布ナプキンだけの場合と、布ナプキンと市販の紙ナプキン併用(→私です)する場合では結果が変わってくるのかもしれませんが、私の場合は生理痛/排卵痛の変化はありませんでした。


臭いが気にならなくなる
ナプキンを替える時に臭いが気になる人も多いと思います。
経血は体の外へ排出された直後はほとんど臭いはしませんが、空気にふれると雑菌が増え時間とともに臭いが強くなってきます。
布ナプキンユーザーの間では「市販の紙ナプキンは臭うけれども、布ナプキンは臭わない」と評判が高いです。

紙ナプキンは吸収力が布ナプキンより勝っているため、交換するタイミングが空いてしまい、上記理由で細菌が増え、臭いも気になると推測されます。
また、紙ナプキンは化学物質から出来ているため、化学物質と経血が混ざり、独特の臭いが気になるとも考えられます。

個人的な感想としては、こまめに交換していれば、紙ナプキンも布ナプキンもそれほど変わらないような気がしました。


蒸れない・かぶれにくい
生理中の「蒸れる・かぶれる」ことに悩んでいる方も多いかと思います。
特に夏の時期の蒸れには私もよく悩まされ、生理が来ると憂鬱な気持ちになっていました。
紙ナプキンのパッケージでも「ムレ・かぶれ」にくいと全面的に押し出しています。
一方、布ナプキンのメリットとしても、「蒸れにくい・かぶれにくい」ということが謳われていますね。
さて、どちらのナプキンが蒸れにくい・かぶれにくいかというと、これはやはり通気性のいい布ナプキンが一番だと思いました。
布ナプキンは肌触りもいいですね。逆に紙ナプキンも肌触り、通気性がいいと言っていますが、やはり元は化学物質です。
研究を重ねられ、いい物になってきますが、布ナプキンに勝るものではないと思います。


漏れないか心配
布ナプキンは漏れないか心配になる人も多いと思います。
私の場合、特に横漏れが心配でした。
横漏れ対策としては、紙ナプキンも布ナプキンも羽つき・羽なしと両方ありますが、紙ナプキンは「羽つき+サイドギャザー」で横漏れを防止しています。
また、高吸収ポリマーが経血をしっかり吸収するので、紙ナプキンの方が漏れ防止機能としては優れているように思います。

さて、私ですが、、、量の多い2日目の夜は紙ナプキン超夜用や超安心といった羽つきロングタイプを使用しています。
当然、サイドギャザーもついていますが、朝は若干横漏れしています。
(※後ろ漏れはないです。)

寝相が悪いのでしょうか??(笑)
こんな感じですので、量の多い2日目の夜は布ナプキンを使用しませんでしたが、日中は特に横漏れの心配はなかったです。
防水布の入った布ナプキンを使用していたことも大きいのかもしれません。


モコモコする
布ナプキンはどうしても厚みがあり、その厚みでモコモコして、股間が不快に感じます。
寒さがとても苦手な私は、タイツの上にジーパンを履いて椅子に座ったら、もう股間が窮屈で・・・・(苦笑)。
速攻、タイツは脱ぎました。

布ナプキンを装着する日はゆったりとした服を選ぶ必要があります。


洗濯が面倒くさい
布ナプキン最大の難点と言っていいでしょう。
大量の経血を吸い込んだ布ナプキンを綺麗にしなければなりません。
一般的に言われている布ナプキンの洗濯方法は以下の通りです。
一般的な布ナプキンの洗濯方法
ぬるま湯で表面をこすり洗いする。
バケツに「アルカリウォッシュ(家庭用ソーダ)」を入れて、半日~1日つけ置きする。
ネットに入れて、洗濯機で洗濯する。
これを見て、「面倒くさい」と思う人もいると思います。
私はこの面倒な洗濯がイヤだったので、布ナプキンを躊躇していました。
そこで、自分なりに何か短縮できるものはないか考え、今ではこんな感じになりました。

私の布ナプキンの洗濯方法
ぬるま湯で表面をこすり洗いする。
ここは省略できませんね。
布ナプキンを絞る時に、経血が出てきます。(不快に感じる人もいるかもしれませんね)。
2~3回絞ると、経血も落ち付いてきます。
ここが一般的な布ナプキンの洗濯と大きく異なります。
私はつけ置きのバケツを置きたくなかったので(バケツを置くスペースがない・バケツを洗う手間を省きたい)、つけ置きをしない方法を考えました。
①のこすり洗いをした布ナプキンをネットに入れて、洗濯機に入れます。
洗濯機の中で布ナプキンの表面に「アルカリウォッシュ(家庭用ソーダ)」を振りかけ、少し水をかけてアルカリウォッシュを染み込ませます。
ネットに入れて、洗濯機で洗濯する。
この方法で何とか私でも布ナプキンを使い続けることが出来ています。
※口コミ等でもありましたが、洗濯をしても少しシミが残る場合もあります。


洗濯の仕方からも私のずぼらな性格が出てしまっていますね。。。
そんな私ですので、やはり布ナプキンのみの生活は難しく、布ナプキンと紙ナプキンの良いとこ取りして併用しています。

以下、私のナプキンの使用方法をまとめました。

●私のナプキンの使用方法
時期 ナプキンの使用方法 布ナプキンの種類
おりものが多い時 布ナプキンを使用します。

排卵前になると、おりものが増えてきて、 不快に感じる方も多いと思います。
家にいるなら、下着を交換すればいいのですが、働いているとそうもいかず、 市販のおりものシートを使用されている方もいるかもしれません。

こんな時こそ布ナプキンが一番です。
上記のような手間のかかる洗濯も必要ありません。 何より経済的で不快感も減ると思います!!
「おりもの&軽い日用」のお試し品で十分です。
私はこの布ナプキンをおりもの・生理予定日の数日前・経血がちょろっとつく本当に終わりの頃に使用しています。
生理予定日の数日前 布ナプキンを使用します。

「そろそろ生理がくるな」という場合、どうされていますか?
以前は紙ナプキンの軽い日用をつけて下着が汚れないようにしていました。
しかし、生理が来なくても、紙ナプキンは数時間毎に交換しなければなりません。
いつももったいないなあと思っていましたが、布ナプキンを使い始めて「もったいないストレス」が減りました!!
生理中 家にいるとき→布ナプキン
外出中・就寝中→紙ナプキン

生理中は紙ナプキンと布ナプキンを併用しています。
ずぼらな性格の私には布ナプキンのみの生活はやはり難しいですね。
布ナプキン・紙ナプキンそれぞれのメリットを考え、上記のような併用スタイルになりました。
お試し品を2枚購入しました。
とてもお得だと思います!!
防水布が入っていて、漏れにくく、大きさも紙ナプキンの普通の日用と変わらないです。
しっかりと吸収してくれます。
厚さもあるため、安心感があります。


経血をきれいにするアルカリウォッシュです。
私は近所のドラッグストアで購入しました。
最初は上のお試し布ナプキンと同梱されるといいかもしれません。
生理が終わる頃 基本は布ナプキン中心で、ときどき紙ナプキン

経血が少なくなると、漏れの心配もぐっと減り、洗濯も楽になります。
そして、生理中に紙ナプキンの使用が増えていると、早く布ナプキンが使いたいなあという気持ちになります!!
長時間のお出かけ等がなければ、布ナプキンで過ごせると思います!!
こちらも1枚から送料無料で購入できます。
防水布が入っているので、生理中でも問題なく使用できます。
ここは柄がとてもかわいく、私も選ぶのに迷うほどでした。


洗濯が大変なことをクリア出来れば、布ナプキンは身体にとっても良い物なので、 試してみるのもいいと思います。
私も気に入っていて、今では布ナプキンを手放せないです。
布ナプキンを使用することで、子宮の機能が向上し妊娠につながるなら、こんないいことはありません。



●閲覧数の多いページ
1.
     排卵計算レコメンド   
   
月1回しかない排卵日。妊娠したい人にとって絶対に逃したくないですよね。。。・・・・
続きは排卵日の計算と予測にて
2. 排卵計算レコメンド 排卵後の基礎体温の測定はとてもドキドキするものです。特に高温期後半戦は、毎朝の体温の測定結果に一喜一憂します・・・・
続きは妊娠した時の基礎体温の特徴にて
3. 排卵検査薬レコメンド 私のように排卵日が毎月数日ズレる人にのとって、排卵日の特定には排卵検査薬が非常に役立ちます。・・・・
続きは排卵検査薬(LH)による排卵日の特定にて
4. マカレコメンド 妊娠したいで検索していくとマカというサプリメントが有名なことを知りました。・・・・
続きはマカで妊娠にて
5. 妊娠検査薬 フライングの心得レコメンド 高温期後半戦は妊娠しているか気になって仕方がなく、妊娠検査薬のフライングしてしまう気持ちは本当に痛い程よくわかります。・・・・
続きは妊娠検査薬 フライングの心得にて

NEXT>>冷え性は妊娠に大敵